エアコンクリーニング/よくあるご質問|Q.エコ洗剤とは?

エアコン・ハウスクリーニングなら、ニオイもヨゴレもおまかせ!
03-5534-8213 maiil 受付時間 受付補足

エコ洗剤とは?

大まかに分類しますと、「薄めることで界面活性がなくなる」石けんタイプ、「人にも環境にも優しい」天然素材タイプ、当店が使用する機会の多い「環境に優しい」環境対応タイプがあります。

「石けんタイプ」は、水で薄めることで界面活性がなくなってしまうため、エアコンクリーニングにはあまり適してはいません。主に使用されているエコ洗剤は、界面活性剤が含まれている「天然素材タイプ」と「環境対応タイプ」の2種です。

エコ洗剤と他の洗剤は、どう違うの?

エコ洗剤|馴れ初め
ハウスクリーニングでエコ洗剤が使用されたのは、環境への配慮というわけではなく、差別化・高付加価値による単価アップ(オプション)が当初の目的です。
しかし近年の情報化により、「エコ洗剤需要の高まり」→「使用する業者数の増加」→「高付加価値感の希薄」と、単価アップは見込めなくなってしまいました。本来の「単価アップ」という目的は失ってしまいましたが、消費者目線ではない業者都合の魅力は他にも残っているのです。

●天然系素材タイプ

当店では「天使の松」を常備しています。

労働安全衛生法で指定されている、有害物質を一切含まない、主に植物性原料から作られた洗浄剤です。(天然に存在する物質を原料として化学合成されたもの)

特長としましては、植物性原料の油成分が主体なため、ゴム手袋などを使用しなくても、石けんのように直接手で触ることもできます。
人にも優しく設計されているため、中性や弱アルカリ性のものが多く、エアコンクリーニングでよく使われている、強アルカリ性の洗剤と比較すると、洗浄力は格段と落ちます。

●環境対応タイプ

当店では「エコクリーナー(Kirei)」を常備しています。

労働安全衛生法で指定されている、有害物質を一切含まない洗浄剤です。

強アルカリ性(pH13.5)の洗浄力なのに、アルミフィンやパネルなどの樹脂を、全く傷めることはありません。特殊な界面活性剤を新配合した、「環境にもエアコンにも優しい」大手空調メーカー推奨の洗浄剤です。

× 水質汚染防止法のリン規制対象物質
× 労働安全衛生法の指定有害物質
× PRTR法対象の化学物質
× 有機溶剤予防規制対象物質
× 環境ホルモン対象物質

上記を一切使用していないため、エアコン洗浄後の汚水も、無害化処理をする必要がありません。そのまま廃棄することが可能となります。

お客様より「エコ洗浄」を希望された場合は、このタイプをおすすめしますが、エアコンが過度に汚れている場合は、汚れ臭いを完全に除去することはできません。エコ洗浄をご希望のお客様は、予めご了承ください。

エコ洗剤の洗浄力は?

エコ洗剤|業者都合の魅力(1)
「エコ」それは魔法の言葉です。本来はお店が負担すべきスーパー袋の費用も、魔法の言葉を使えば、お客様が負担してくれるし、エコバックだって購入してくれます。エコを理由にされると、表立って否定することができません。いつのまにかそのような社会が築かれているからです。

エアコンクリーニングでも同じことが言えます。洗浄不足や技術不足が原因で「汚れが落ちない」「臭いが取れない」ことがあります。当然クレーム案件ですので再作業が必須となります。しかし魔法の言葉「エコ洗剤だから仕方がない」そんな言い訳が通用するのです。

「エアコンの汚れ具合によっては、汚れ・臭いが完全にとれない場合があります」などと言う業者はそれに当たります。

エコ洗剤(天然系素材)使用業者でも、徹底したこだわりをもち、日々研鑽を積み、オリジナルの洗浄方法を用いた見習うべき業者も見かけます。ただ、それでも所詮は「エコ洗剤」ですので、洗浄力には限界があります。また殆どの業者は、洗剤への知識も乏しく、耳当たりのいい「エコ洗剤」を勧められるまま使用しています。

当店では、エアコンの臭い・汚れの徹底除去や、作業の効率化に重点を置いております。天然系素材のエコ洗剤は、お客様への耳当たりがよく、スタッフの安全面からも魅力的なのですが、洗浄力不足が否めません。

洗浄力を高めるためには、洗浄剤の使用量・温度調整や噴霧後の浸け置き時間、その後の重ね噴き(複数回)が重要。洗剤噴霧だけでも「噴霧・浸け置き」を複数回行うことになりますので、作業時間もかなりかかりますが、ここまで考えて「エコ洗浄」を行う業者はごく稀でしょうね。

しかし、ここまで頑張って洗浄を行ったとしても、所詮は「エコ洗剤」の洗浄力です。軽度の汚れなら通用したとしても、過度の汚れ(カビ・油・ヤニなど)や臭いには「エコ洗浄」は通用しません。洗浄後のエアコン内部には、汚れ・臭いが残ってしまうのです。

エコ洗剤でエアコンクリーニング

エコ洗剤|業者都合の魅力(2)
エコ洗剤(天然系素材)を使用すると、エアコンクリーニングの作業効率が格段に上がります。エコ洗剤はエアコン内部に残ってしまっても、エアコンへのダメージは少ないため、中和剤を使用する必要がありません。また、すすぎ水を減らすことが可能なため、すすぎ作業の時間短縮も可能。「作業時間=作業料金」ですので、作業時間の短縮は単価アップに繋がるメリットなのです。スキルの低い業者にとっては、エアコンを壊すリスクが削減できるため、技術力のないスタッフを派遣することも可能。

しかし、業者にとってのメリットがお客様にとってのデメリットに繋がることもあります。少量のすすぎ水による洗浄不足が原因で、エアコン内部にカビなどの汚れや洗剤が残ってしまう可能性が高くなるのです。

そんな理由でも魔法の言葉「エコ洗剤だから仕方がない」が用意されています。

当店の作業時間は、二人体制で約90分(スタンダードタイプ)となっております。軽度な汚れであれば、天然系素材でも対応が可能な場合も考えられますが、当店の実績ですと、そのようなキレイなエアコンには、年に数台しか出会えません。

当店でも、エコ洗剤「エコクリーナー(Kirei)」をメインで使用していた時期もありました。洗浄後に臭いが残ってしまった時は、強い洗剤を使用して再度洗浄を行ったこともあります。エコ洗剤の洗浄不足を補うために、抗菌剤配合の「エアコン専用消臭・除菌剤(イレーサー・プロ)」も大量にスプレーしていました。カビ取り剤を併用していない頃は、残ったカビ汚れをタオルで拭いて、タオルが真っ黒になることも・・・。

「エコ洗剤」に拘り続けることで、作業時間が超過したり、エアコン内部に汚れを残したり、エアコンの臭いが取れなかったり・・・こんなことが本当にお客様のためになるのだろうか・・・自問自答していたこともあります。

口コミサイト経由で仕事を受注するには、耳当たりのよい「エコ洗浄」が必須アイテムとなります。サイト内での集客を重視していると、「エコ洗剤」の呪縛から離れることができません。口コミサイト内に登録している業者の中には、当店のように「耳あたり」と「洗浄力」の矛盾の中で葛藤している業者も一定数はいるでしょう。

エコ洗浄の実例

「エコ洗浄」を行っていた頃には、こんなことも起こっていました。これは、違う日、違うエアコンの汚水ではなく、同じ日のほぼ同時間に、同じエアコンで起きた現象です。

いつものように丁寧に「エコ洗浄」行ってから乾燥運転をしていると、なにやら悪臭が漂ってきます。洗剤の噴霧範囲・浸け起き時間・使用量、高圧洗浄機の水圧・すすぎ範囲・すすぎ水量(お湯)も完璧だと自負していました。また、エアコンの汚れ具合もそれなりで、特に注視するほどの汚れでもなかっと記憶しています。

「エコ洗浄」だからといって、このまま作業を終了することはできません。「エアコン専用消臭スプレー」では対応できそうにもありませんので、洗浄剤を変更してもう一度エアコンの内部洗浄を行いました。その結果が下の画像です。

▼エコ洗浄 vs 徹底洗浄

エコ洗浄 vs 徹底洗浄

使用する洗浄剤を強力アルミフィンクリーナー「リンダ シルバーN プラス」に変更しただけで、後の作業内容は全く同じです。一度完璧に「エコ洗浄」しているのに、その数十分後の徹底洗浄を行ったら、こんなにも汚れが取れてしまったのです。というより、こんなにもエアコン内部に汚れが残っていたということ。「エコ洗浄」での汚水があまり汚れていなかったのは、エアコンが汚れていなかったのではなく、「エコ洗剤」の洗浄力では汚れを落とせていなかったということでした。驚愕の事実ですよね。当店では、率先して再作業を行っていますので、この様な実例は他にもあります。

残念ながら「エコ洗浄」では、このような「弊害」が起こることが多々あります。「耳あたり」と「洗浄力」は比例しません。当店では、エアコンの徹底洗浄を掲げて営業活動を行っていますので、2019年4月より、洗浄力の強い「ホワイトクリーナー」にメイン洗剤を変更することにしました。

幸いなことに、売上げの比重は自社サイト経由がほとんどのため、口コミサイトの足枷もなくなりました。これで真実を自信をもって、正直に発信することができます。

エコ洗剤の真実

体への負担を考慮して「エコ洗浄」を希望されても、洗浄力の弱い「エコ洗剤」では、過度な汚れの除去はできません。結果、目視できないところに蓄積された汚れは、エアコン内部にそのまま残ってしまいます。業者による洗浄不足があれば、「エコ洗剤」の洗剤成分が汚れと一緒になって、エアコン内部で腐食・増殖していくことも。「エコ洗剤」を使用することで、エアコン内部の汚れを促進させてしまうなんて・・・これでは本末転倒ですよね。

エアコン内部には汚れを残さない

一番大切なことは、洗剤成分と落とした汚れを内部に残さないことです。どんなに強い洗剤を使ったとしても、エアコン内部に洗剤成分が残っていなければ、クリーニング後の人体への影響は全くありません。洗浄不足により、エアコン内部にカビなどの汚れや洗剤成分が残ってしまい、その空気を吸い込んでしまうことのほうが心配です。

アレルギーがあるので・・・

当店でも「アレルギーがあるので、エコ洗剤を使用してほしい」、というお客様のお声をいただきます。そのようなお客様に、当店は自信を持ってお答えします。「それでしたら、エアコン内部の汚れをしっかりと落としましょう!」
エアコンクリーニングは、多くても年に1回のことです。その後のエアコン使用期間とは、比べ物にもなりません。臭いなどが気になるようでしたら、作業時間内はお部屋を移動されたり、外出されても問題はありません。

当店のエアコンクリーニングは、洗浄剤を噴霧(1ℓ)してから、大量のお湯(20ℓ)で高圧洗浄(すすぎ作業)していきます。洗浄作業後に、エアコン内部に洗剤成分が残ることはありませんので、ご安心ください。

天然系素材のエコ洗剤だと安心しても、高圧洗浄(すすぎ作業)が不十分で、洗剤成分が内部に残ってしまうと意味がありません。残った洗剤成分と落とせなかった汚れは、カビの格好のエサとなってアレルギーの原因となります。

日常使いの洗剤を「天然系素材」にすることは、お客様の安全面や、環境面を考慮するといいことだと思います。ただ、数年に1回のプロへのお掃除時依頼は、自分では落とすことのできない汚れです。 強い洗浄剤でしっかりと汚れは落としてもらいましょうね。

エコ洗剤|業者都合の魅力(3)
「エコ洗剤(天然系素材)専門店です」と掲げることで、複数の洗浄剤を用意する必要がなくなります。移動時の荷物の軽減や、コスト削減につながります。
また、一部のフランチャイズや協会などは「エコ洗剤」の使用を推奨し、会員に販売することで利益を得ています。
エコ洗剤は無臭ですが、何故だかビジネス臭しかしません。

エアコンクリーニングの詳細はこちらから!

エアコンクリーニング 営業時間

エアコンクリーニングサービスは年中無休でご対応。

営業時間:8:00〜20:00

(ご予約可能な作業時間帯は、9:00~18:30)
※サービスが20:00までに終了する時間が目安です。

エアコンクリーニングのお問い合わせは

「あなたの街のお掃除屋さん」いわさきクリーニング

tel. 03-5534-8213

mail. info@iwa-cle.jp

受付時間:8:00~20:00

※電話受付は、日曜・祝日を除く。
※メール受付は随時承ります。

東京23区で、プロのエアコンクリーニング、エアコン掃除業者をお探しなら、お気軽に問い合わせください。

よくあるご質問・口コミは、下記をクリック!

エアコンクリーニングよくあるご質問 エアコンクリーニング口コミ

別サイトの口コミはこちらから!<01><02><03>

当店への口コミを書いて頂けるお客様は、お手数ですがGoogleアカウントを取得後、ログインして「Google のクチコミ」経由でお願いします。

▼おそうじ日記はじめました。

お掃除屋さんのおそうじ日記
inserted by FC2 system