エアコンクリーニング/よくあるご質問|エアコンのお手入れの方法は?

エアコン・ハウスクリーニングなら、ニオイもヨゴレもおまかせ!
03-5534-8213 maiil 受付時間 受付補足

エアコンのお手入れの方法は?

スタンダードタイプのエアコンの場合、フィルター掃除はメーカーの推奨で、1週間間隔となっております。さすがに毎週のお掃除は手間がかかりすぎですので、2〜3週間の間隔でフィルター掃除をすることをおすすめします。

油汚れなどがある場合は、キッチン用の中性洗剤を使い、やわらかいブラシやスポンジなどで洗浄。陰干しでしっかりと乾燥させましょう。

※お掃除機能付きエアコンでも、フィルターに「カビ・油・ヤニ」などの汚れが付着している場合は、取り外しての洗浄が必要となります。また、ダストボックスが付いているタイプは、定期的なダストボックスの掃除も必要です。

カビ大国である日本

温暖で多湿、水蒸気の国とも言われる日本は、カビが成長しやすい条件が世界の中で最も整っています。また近年では、気密性の高い住宅が増えることで、よりカビが発生しやすい環境を作ってしまいました。

そのような環境下にある私たちの居住空間には、たくさんのカビの胞子が浮遊しています。人間の力ではどんなに努力をしても、全てを除去することは不可能といえます。

室内でのエアコン環境は?
<湿度の問題>
エアコンは冷房や除湿運転をすると、温度差などにより内部に結露が発生するため、より多湿でカビが発生しやすくなります。
<ゴミ・ホコリの問題>
エアコンはお部屋の空気を吸い込み、温度を調節してから吐き出していますので、お部屋の空気が汚れているとエアコン内部も汚れてしまいます。その結果、汚れたエアコンが汚れた空気を吐き出すことで、お部屋中が汚れた空気で循環されてしまうのです。

エアコンの設置環境や使用頻度などにもよりますが、しっかりと抗菌処理されている「新品のエアコン」であっても、ノーメンテナンスで使用していれば、ワンシーズンで内部にカビは発生してしまいます。

※エアコンクリーニング後に、抗菌コート施工したエアコンも同様です。

ご自分でできるメンテナンス

エアコンクリーニング後にカビを発生させない為には、エアコン内部の湿度を極力上げないことや、ホコリなどのゴミをエアコン内部に溜めないことが重要となります。

エアコンの吸引力
エアコンの風量を簡単に説明すると「吹き出し力=吸い込み力」となります。強風やパワー運転で、強い風量を体感できると思いますが、エアコンは吹き出す空気の風量と同じ力で、空気を吸い込んでいるのです。
そのパワーは、家庭用エアコンでも掃除機の約7倍の吸引力があるとも言われています。キッチンのレンジフードにも引けを取りません。
エアコンは運転時、空気を吹き出すだけではなく、お部屋の空気も「カビ菌・花粉・ホコリ・ゴミ」などと一緒に吸い込んでいます。掃除機のように、溜まったゴミは掃除しましょうね。

エアコン内部の湿気対策

内部クリーンがついているエアコンは、機能をフル活用しましょう。機能がついていない場合は、冷房・除湿運転の後には、内部乾燥のために〜1時間位の送風運転(ない場合は、低温の暖房)をしてから、エアコンを停止させることを心掛けましょう。

※外出時にタイマーをセット(1時間位)して、暖房(高温)運転するものオススメです。

フィルター掃除は定期的に

最低でも月2回のペースで、ホコリを掃除機で吸い取ってください。その後は、キッチン用の中性洗剤を使って、やわらかいブラシやスポンジなどでフィルターを洗浄。タオルで水分を拭き取ってから、陰干しでしっかりと乾燥させましょう。

※お掃除機能付きエアコンの場合でも、定期的にフィルターの汚れを確認して、油やヤニ汚れが付着している場合は、上記のようにフィルターを洗浄しましょう。ダストボックスの掃除も忘れずに!

※フィルターの外側に、定期的に除菌シートを貼付けるのも、カビ抑制にはオススメです。(スタンダードタイプに限る)

汚れが見えたら

エアコンを停止させてから、吹き出し口や送風ルーバーなどについている汚れは、除菌シートなどで拭き取りましょう。水拭きや乾拭きでは、見た目はキレイになりますが、カビ菌などを拡散させていることになります。

※細長い棒状のものを活用すると、奥の方まで届くのでオススメです。無理をしない程度に、自己責任でお願いします。

お部屋の掃除も大切

お部屋にホコリが舞わないように、日々のお掃除を心掛けましょう。

エアコンは、お部屋の空気を吸って、その空気を吐き出すという、単純な構造になっています。(外気を吸い込むことは、一例を除いてはありません。)
お部屋が汚れていると、その空気をエアコンは吸い込んでしまいます。エアコンのフィルター掃除も大切ですが、そのフィルターにホコリなどのゴミが付きにくくすることも重要。ホコリの舞う原因となるカーペットや布団なども定期的に掃除機で掃除しましょうね。

お部屋の換気も重要

閉め切ったままで換気をしないお部屋ですと、空気の動き(移動)がないために、カビ菌や雑菌などは、お部屋中で増殖してしまいます。
その結果、お部屋の空気を吸い込んだエアコン内部にはカビが定着。エアコンを運転させる度に、カビの胞子をお部屋中に吐き出して循環させているのです。

お部屋にカビや雑菌を繁殖させないためにも、空気の入れ替えを心掛けましょう。1日1回は、窓(2箇所)を開け、お部屋の空気の入れ替え・換気(10分位)をしてください。窓が2箇所ない場合は、窓+玄関でも対応できます。

※窓1箇所では、換気効果は殆どありませんのでご注意を。

※洗濯物の部屋干しは、湿度対策にはいいのでしょうが、その反面、カビ対策には大敵となってしまいます。

エアコンクリーニングの詳細はこちらから!

エアコンクリーニング 営業時間

エアコンクリーニングサービスは年中無休でご対応。

営業時間:8:00〜20:00

(ご予約可能な作業時間帯は、9:00~18:30)
※サービスが20:00までに終了する時間が目安です。

エアコンクリーニングのお問い合わせは

「あなたの街のお掃除屋さん」いわさきクリーニング

tel. 03-5534-8213

mail. info@iwa-cle.jp

受付時間:8:00~20:00

※電話受付は、日曜・祝日を除く。
※メール受付は随時承ります。

東京23区で、プロのエアコンクリーニング、エアコン掃除業者をお探しなら、お気軽に問い合わせください。

よくあるご質問・口コミは、下記をクリック!

エアコンクリーニングよくあるご質問 エアコンクリーニング口コミ

別サイトの口コミはこちらから!<01><02><03>

当店への口コミを書いて頂けるお客様は、お手数ですがGoogleアカウントを取得後、ログインして「Google のクチコミ」経由でお願いします。

▼おそうじ日記はじめました。

お掃除屋さんのおそうじ日記
inserted by FC2 system