品川区−2019|おそうじ日記

エアコン・ハウスクリーニングなら、ニオイもヨゴレもおまかせ!
03-5534-8213 maiil 受付時間 受付補足
お掃除屋さんのおそうじ日記

☆エアコンクリーニング訪問便り☆

東京都品川区のおそうじ日記
《2019年》

2019年のおそうじ日記(品川区訪問)を下記に纏めました。

逆流防止弁の設置

(訪問日:2019年5月2日)

本日は、品川区西中延でエアコンクリーニングをしてきました。当店のホームページを熟読されているようで、逆流防止弁を設置して欲しいとのことでした。当店では、抗菌コート室外機クリーニングなどの、不必要なオプションサービスは致しませんが、逆流防止弁の設置はオプションとして対応しております。ただ、作業当日のオプション追加は、お断りさせていただいております。ご希望のお客様は、予約の際にお願いいたします。

エアコンクリーニング(徹底洗浄)|富士通ゼネラルルームエアコン|AS-A225H|2015年製造

今回のエアコンは、賃貸マンションの備え付けで、使用期間は2〜3年位です。訪問したお客様は、大の虫嫌いのようでした。通常の道具搬入時は、玄関を開いた状態でストッパーで固定し、道具の移動を行っています。本日は、ドアの固定はせずに、開け閉めにも配慮いたしました。ペットがいる際なども、同様に配慮いたしますので、エアコンクリーニング依頼の際は、事前にご連絡ください。

▼逆流防止弁「おとめちゃん」

エアコンクリーニング-西中延-逆流防止弁

まず最初に、ベランダに出てドレンホースのチェックです。オプションで逆流防止弁の設置を依頼されていましたが、既に設置済みです。しかも、同メーカーの同一のもの。お客様にはその旨をお伝えし、オプションはキャンセルとさせていただきました。

エアコンからのポコポコ音の防止というより、少しでも虫の進入路を防ぎたいことが目的だったそうです。次いでだったので、エアコン洗浄前に化粧カバーを外し、配管パイプ用の穴(スリーブ穴)と配管パテの埋め具合をチェックしてみました。許容範囲の隙間でしたが、後日ご自分で配管パテを追加するそうです。本当に虫が苦手のようでした。

お話しを伺うと、当店へ依頼される前に、他業者にてエアコンクリーニングの予約済みだったとのこと。ただ、より良い業者を探していると、当店のホームページにたどり着き、他業者をキャンセルされたとのことでした。リアルに嬉しいです。当店でも、値段のことで途中キャンセルされることも多々あります。確かに安い業者はゴロゴロいます。しかし当店は、値段よりも内容勝負です。当店のエアコンクリーニングなら、後日、嫌な思いをすることは絶対にありません。他業者とは洗浄レベルが違います。

▼富士通ゼネラルルームエアコン・洗浄後の乾燥運転

エアコンクリーニング-西中延-エアコン

本日のエアコンクリーニング用のメイン洗剤は、「ホワイトクリーナー」に次亜塩素酸ナトリウムを追加して使用しています。熱交換器背面・ドレンパン・吹き出し口周辺には、カビ取り剤を噴霧して浸け置き洗浄しました。作業中の会話のやり取りで、お客様はアレルギー体質だと知りました。普段は、洗剤・石鹸・シャンプーなど、極力エコ商品を使用しているとのことです。

アレルギー体質のお客様ですが、エアコンクリーニングでの「エコ洗剤」へのこだわりはありません。当店のホームページでも確認済みだそうです。作業中にも説明させていただきましたが、優しい洗剤で汚れを残すなら、エアコンクリーニングをしていないのと一緒です。どうせやるなら、しっかりと汚れを落とせる洗剤で、徹底洗浄しましょう。

「アレルギーがあるから、エアコンクリーニングを依頼したのに、自分が触れることもない洗剤を、人にも優しい「エコ洗剤」で業者が洗浄したら、汚れや洗剤成分がエアコン内部に残って、アレルギー予防できなかった。」こんな話がよくあります。エアコンクリーニングで使用する洗剤を、お客様が触れることはありません。触れるのは、洗浄を行う私たち業者だけです。

▼エアコン洗浄後の汚水

エアコンクリーニング-西中延-汚水

お部屋のお掃除が行き届いていたためか、エアコンの汚れは軽度でした。アレルギーなどを考慮しなければ、簡易清掃でも十分に対応可能だったと思います。吹き出し口周辺の汚れが少なかったので、エアコン上部をメインに内部洗浄しました。室内に残った汚水は、2台とも5ℓ位です。

また、事前にベッドの移動・マットレスの移動をしていただいたため、作業効率があがりました。ありがとうございます。本日のエアコンクリーニング作業時間は約2時間。料金はスタンダードタイプ2台、ご新規さまでしたので、合計19,500円(税込)。お値段以上の自信ありです。


品川区小山|エアコンクリーニング

(訪問日:2019年6月21日)

本日は、品川区小山でエアコンクリーニングをしてきました。本日のお客様は、女性の一人暮らしです。女性スタッフは休日でしたが、男性スタッフ一人対応でも可とのことでしたので、午後7時にエアコンクリーニングに伺いました。

エアコンクリーニング(簡易清掃)|三菱ルームエアコン|MSZ-GV284-W|2014年製

本日のお客様は、予約時に簡易清掃を希望されました。個人のお客様では、簡易清掃を選択されることが少ないため、エアコン洗浄後の「臭い戻り保証」がないことは、事前に説明してあります。

お客様のお話しでは、エアコン使用は約1年、吹き出し口の汚れは気になるが、臭いはしないとのことです。それでは、エアコンを確認してみましょう。動作確認でエアコンを運転させると、エアコンから吹く風に嫌な臭いはありません。また、吹き出し口の汚れも軽度でした。これなら簡易清掃でも問題なさそうですね。

▼簡易清掃洗浄風景

エアコンクリーニング-小山-簡易清掃洗浄風景

上記の画像は、簡易清掃時のエアコンの養生です。エアコン上部(背面パネル・熱交換器ドレンパン内部)の洗浄は行わないため、天面をマスカーテープで養生する必要がなく、空いたままとなっています。洗剤や洗浄水が浸水する恐れもないため、基盤部の養生も行なっておりません。

当店の簡易清掃手順は、まず吹き出し口にカビ取り剤を噴霧してから、クロスフローファンに厨房用洗剤を噴霧・浸け置き洗浄します。洗剤の成分がしっかりと浸透・作用してきたら、汚れを洗い流すように、メイン洗剤を噴霧器で噴霧していきます。この過程で汚れが残っている場合は、クロスフローファンにカビ取り剤を噴霧・浸け置きしてから、もう一度メイン洗剤を噴霧します。今回は汚れが軽度なため、カビ取り剤は追加しておりません。その後、汚れを落とすためではなく、洗剤成分を取り除くために、高圧洗浄機ですすぎ作業を行います。

▼洗浄後の汚水

エアコンクリーニング-小山-洗浄後の汚水

簡易清掃後の汚水です。エアコンが汚れていませんしたので、汚水もキレイですね。当店の作業方法であれば、エアコンクリーニング後に、業者の不手際による臭い戻りは起こりませんので、ご安心ください。本日の作業時間は約50分。料金は簡易清掃なので6,000円(税込)。駐車スペースがなかったため、駐車料金と一緒にお支払いいただきました。


品川区荏原|エアコンクリーニング

(訪問日:2019年6月28日)

本日は、品川区荏原でエアコンクリーニングをしてきました。ご自分で設置されたエアコン3台で、臭いが気になってきたので、エアコンクリーニングを依頼されたそうです。マンションには駐車スペースがありませんでしたので、最寄りのコインパーキングに車を停めてから、お客様宅に訪問いたしました。

エアコンクリーニング(徹底洗浄)|シャープルームエアコン|AY-G22S-W|2017年製/ダイキンルームエアコン|F40MTEP-W|2011年製/パナソニックルームエアコン|CS-289TB-W|2010年製

本日のエアコンは、3台とも別メーカーでバラバラです。2台のエアコンは、引っ越し前の住居からの移設で、一台は引っ越しの際に購入し、設置されたそうです。それでは、奥の部屋から順番にエアコンクリーニングを始めましょう。1台目は、使用期間1年のリビングのエアコンからです。

▼1台目・吹き出し口|洗浄前・後

エアコンクリーニング-荏原-1台目・吹き出し口|洗浄前・

設置場所はリビングでキッチン隣接のため、エアコンの設置条件としては良くはありません。しかし、目視で見る限りでは、エアコン内部は汚れていませんでした。お部屋には、ホコリが舞うようなものはなく、フローリングの床はキレイに掃除してあります。また、お部屋中には、アロマオイルのいい香りがしていました。この新しいエアコンは、掃除の必要はないのでは・・・と思いましたが、エアコンを運転させると嫌な臭いが漂ってきます。このエアコンの臭いの原因は、熱交換器ですね。エアコン上部(背面パネル・熱交換器・ドレンパン)の徹底洗浄を行いましょう。このエアコンは、吹き出し口周辺にカビ取り剤は使用しないで、内部洗浄を行いました。

▼2台目・吹き出し口|洗浄前・後

エアコンクリーニング-荏原-2台目・吹き出し口|洗浄前・

次は、寝室のエアコンです。先ほどのエアコンとは対象的に、吹き出し口が汚れていました。リビングに設置していたエアコンを寝室に移設すると、まるで市販のスプレーを使用したかのように、吹き出し口周辺が汚れることがあります。キッチン隣接のエアコンは、油汚れの付着が多くあるのですが、布団などから舞う綿ぼこりが、その油成分に吸着してしまうからです。ご覧のように、フェルト部もカビだらけでした。このエアコンの洗浄には、カビ取り剤を噴霧・浸け置き洗浄後、メイン洗剤を噴霧し、追加で厨房用アルカリ洗剤を、クロスフローファンに噴霧し、浸け置き洗浄を行いました。ご覧のように、全ての汚れがスッキリと殺菌洗浄されています。

▼3台目・吹き出し口|洗浄前・後

エアコンクリーニング-荏原-3台目・吹き出し口|洗浄前・

それでは、最後のお部屋に移動しましょう。この一室は、奥様がエステルームとして使用しているようです。お家中に漂うアロマオイルのいい香りは、このお部屋から香ってたのですね。動作確認でエアコンを運転させる、かなりの悪臭が漂いました。原因はアロマオイルですね。オイルは油性分のため、エアコン内部に付着します。この油脂が、ホコリなども吸着させてしまうのです。とってもいい香りではありますが、エアコン内部に蓄積・凝縮することで、悪臭になってしまうことがあります。お部屋の換気には皆さんもご注意ください。

▼ドレンパン|洗浄中

エアコンクリーニング-荏原-吹き出し口|洗浄中

このエアコンは、上部の背面パネル・ドレンパンは、ずらしてからカビ取り剤を噴霧・浸け置き洗浄しました。吹き出し口周辺も、カビ取り剤で浸け置き洗浄を行なっています。その後、メイン洗剤をたっぷりと、背面パネル・熱交換器・ドレンパン・吹き出し口に、何度も重ね噴きし、洗剤をしっかりと浸透・作用させてから、高圧洗浄機でお湯を使用して、バシャバシャと丸洗い洗浄していきました。

▼洗浄後の汚水

エアコンクリーニング-荏原-洗浄後の汚水

上記の画像が、バケツに残った室内の汚水です。汚れ具合によって、洗浄方法も違いますので、汚水の色や量も違ってきます。どのエアコンも、当店の徹底洗浄を行なっていますので、エアコン内部に臭いや汚れは残っていません。本日のエアコンは、3台とも熱交換器に臭いの原因がありました。エアコン上部に臭いの原因がある場合は、簡易清掃では臭いの除去はできません。不慣れな簡易清掃業者であれば、お手上げでのエアコンですね。


エアコン洗浄スプレーのハードユーザー

(訪問日:2019年8月10日)

本日は、品川区東品川でエアコンクリーニングをしてきました。お客様は男性の一人暮らしで、本日は女性スタッフがお休みのため、男性スタッフ一人での訪問となります。ホームページ内の予約情報を確認されたお客様が、予約可能日を確認の上、日時のご指定をいただきました。マンションには来客用の駐車スペースがないため、最寄りのコインパーキングに車を停めてから、お客様宅に訪問です。

エアコンクリーニング(徹底洗浄)|ダイキンルームエアコン|AN28GNS-W|2005年製

お客様のお話しによると、ご自分でエアコンの掃除をしたことがあるとのことでした。どうやらエアコン洗浄スプレーのハードユーザーのようです。しかし、だんだんと臭いもきつくなり、エアコンの効きも悪くなってしまったため、エアコンクリーニングの依頼をされたとのことです。年数のたった古いエアコンのため、故障の際の注意点をお客様に説明してから、エアコンクリーニングを行いました。

それではエアコンの確認をしてみましょう。どうですか?このクロスフローファンの汚れ具合・・・、これではエアコンの効きは悪いはずですよね。また、エアコンを運転していない状態でも、近づくと悪臭が漂っていました。これは徹底洗浄が必要ですね。

▼吹き出し口|洗浄前

エアコンクリーニング-東品川-吹き出し口|洗浄前

吹き出し口周辺には、カビ取り剤をたっぷりと噴霧し、浸け置き洗浄を行います。その後、メイン洗剤をたっぷりと噴霧してから、今回は厨房用の強力アルカリ洗剤をクロスフローファンに噴霧して、繭玉のような状態にしてから、浸け置き洗浄を行いました。この洗浄方法なら、吹き出し口周辺にこびりついてしまった市販のスプレーの成分も、スッキリと洗浄することが可能となります。

▼吹き出し口|洗浄後

エアコンクリーニング-東品川-吹き出し口|洗浄後

しっかりと浸け置き洗浄を行なった後は、大量のお湯を使用して、バシャバシャと丸洗い洗浄を行います。ご覧のように吹き出し口周辺は、洗浄前とは大違いにピッカピッカになりました。丁寧に隅々まで洗浄していますので、目視できない裏の奥の方までも、キレイに殺菌洗浄できています。

熱交換器|洗浄前・後

エアコンクリーニング-東品川-熱交換器|洗浄前・後

当店では、エアコン上部の洗浄にもカビ取り剤を使用しています。背面パネルやドレンパン内部にはカビ取り剤を噴霧して、浸け置き洗浄を行います。その後たっぷりのメイン洗剤を、背面パネル・熱交換器背面・熱交換器前面・ドレンパンと順番に、何度も噴霧器で重ね噴きし、洗剤成分をしっかりと浸透・作用させていきます。メイン洗剤には、次亜塩素酸ナトリウムも配合していますので、殺菌効果も抜群です。たっぷりと時間をかけて汚れを浮かせてから、大量のお湯を使用してバシャバシャと、エアコン内部を丸洗い洗浄していきます。

▼洗浄後の汚水

エアコンクリーニング-東品川-洗浄後の汚水

ご覧のように、たっぷりの汚水が、室内のバケツに残りました。今回のエアコン洗浄には、約30ℓのお湯を使用していますが、バケツに残った2倍以上の洗浄水が、汚れや臭い菌・洗浄剤をのせて室外に排水されています。キレイになったエアコンに臭いや洗剤成分が残ることはありませんので、ご安心ください。洗浄後のエアコンからは、作業前の悪臭とは違い爽やかな風が吹くようになりました。当店なら、古いエアコンであってもこここまでの徹底洗浄が可能です。今回のエアコンクリーニング料金は、新規のお客様でスタンダートタイプですので10,000円(税込)、作業時間は約2時間でした。


品川区北品川|エアコンクリーニング

(訪問日:2019年9月15日)

本日は、品川区北品川でエアコンクリーニングをしてきました。予約時に駐車スペースがあると伺っていましたが、車を停める場所がわからなかったため、お客様に電話確認することに。ご指定されたお店の前の路肩に、車を乗り上げ駐車してから、お客様宅に訪問いたしました。

エアコンクリーニング(徹底洗浄)|パナソニックルームエアコン|CS-M222C2-W|2015年製

お客様のお話しによると、特に臭いや汚れが気になるわけではないが、使用して3年目になるため、エアコンクリーニングをしてもらおうと考えたとのことです。それではエアコンを確認してみましょう。

本日のエアコンは、パナソニックのスタンダートタイプ3台です。このフォルムには見覚えが・・・若干奥行きがあるタイプです。

▼エアコン|分解前

エアコンクリーニング-北品川-エアコン|分解前

上記画像は、パネル・フィルターを外した後のエアコンです。本体カバーとは別のパーツが中に見えていますよね。やはりこのエアコンは、このタイプでしたか・・・。

このエアコンは、本体カバーを外した中に、もう一つ別ユニットが付いています。しかし、エアコン性能には、何の意味も持ち合わせていないパーツなのです。お掃除機能付きエアコンと同サイズの本体カバーを使用しているので、空間を埋めるためやフィルターを取り付けるために、ユニットが必要となっているのです。メーカーによるコスト削減目的の賜物でしょうが、エアコンクリーニング業者から見ると迷惑な代物です。

▼エアコン|カバー分解後

エアコンクリーニング-北品川-エアコン|カバー分解

上記が本体カバーを外した後のエアコンです。このユニットも分解しないとエアコンの内部洗浄はできません。三菱やダイキンなどの、簡単に分解ができるタイプのお掃除機能付きエアコンよりも、このユニットの取り外しの方が時間はかかってしまいます。業者によっては、分解しないで洗浄することもあるでしょうが、当店はしっかりと分解してから、エアコン内部を徹底洗浄していきますので、ご安心ください。

それでは、エアコンの洗浄を行いましょう。使用3年ですので、それほど汚れてはいませんね。上記画像は、リビング設置のエアコンです。一番使用頻度が高く、且つ汚れやすい環境にあるエアコンがこの程度の汚れですので、他の部屋のエアコンの洗浄は楽そうな気がします。

▼吹き出し口|洗浄前

エアコンクリーニング-北品川-吹き出し口|洗浄前

吹き出し口周辺には、カビ取り剤を使用して、しっかりと浸け置き洗浄を行なっています。エアコン洗浄には、「カビ取り剤(次亜塩素酸)」を使用しない業者の方が多いとは思いますが、カビ汚れの洗浄・殺菌にはこれ以上の洗剤はありません。窓を開けて換気はいたしますが、お部屋には塩素臭がしますので、予めご了承ください。

▼吹き出し口|洗浄後

エアコンクリーニング-北品川-吹き出し口|洗浄後

上記の画像は、洗浄後の吹き出し口周辺です。ご覧の通り汚れがスッキリ洗浄できています。当店はしっかりと殺菌・徹底洗浄を行いますので、簡易清掃後に「抗菌コート」などをエアコンに吹きかけるよりも、予防効果も大です。

エアコン上部の「背面パネル」「ドレンパン」の洗浄にもカビ取り剤を使用しています。浸け置き洗浄後、「背面パネル」→「熱交換器・背面」→「熱交換器・前面」→「ドレンパン」→「吹き出し口周辺」→「クロスフローファン」の順に、メイン洗剤を何度も重ね噴きし、エアコン内部に洗剤成分をしっかりと浸透させています。

※メイン洗剤にも、殺菌力強化のために「次亜塩素酸ナトリウム」を追加配合しています。

▼洗浄後の汚水

エアコンクリーニング-北品川-洗浄後の汚水

洗剤成分が作用してきたら、、高圧洗浄機でたっぷりのお湯を使用して、エアコン内部をバシャバシャと、洗剤噴霧の順で何度も丸洗い洗浄していきます。エアコン内部を徹底洗浄するために、洗浄力の強い洗浄剤を使用していますが、徹底したすすぎ作業を行なっていますので、洗浄後のキレイになったエアコンには、洗剤成分が残ることはありません。ご安心ください。

▼洗浄後のエアコン

エアコンクリーニング-北品川-洗浄後のエアコン

エアコンの内部洗浄が終了したら、動作確認後にエアコンの乾燥運転を行います。当店が責任を持ってエアコン内部を徹底洗浄した証しとして、本体カバーには「高圧洗浄」済シールを貼付しています。

本日の作業時間は、約3時間30分。スタンダードタイプの中では、分解難易度が高いタイプではありましたが、「汚れも少なく」「お部屋の荷物移動」などもされていたため、通常の時間内でエアコンクリーニングを終了することができました。事前に荷物の移動などをしていただけていると、作業効率が上がりますので大変助かります。


ドレンパンの洗浄例

(訪問日:2019年11月20日)

本日は、品川区東五反田でエアコンクリーニングをしてきました。築6年の賃貸マンションには、異なるメーカーのエアコンが1台ずつ設置されています。

当店では、ドレンパンを分解してから内部洗浄を行うこともあります。この2台のエアコンはドレンパンの分解難易度が異なるため、2パターンの洗浄方法でエアコンを徹底洗浄してきました。ドレンパン分解なし・分解ありの洗浄方法の違いをご覧ください。

エアコンクリーニング(徹底洗浄)|ダイキンルームエアコン|F22PTES-W|2013年製/三菱ルームエアコン|MSZ-GV563S-W|2013年製

ドレンパンは各メーカーにより、分解難易度が異なります。比較的簡単に分解ができるメーカーは、三菱・三菱重工・日立・パナソニック。この4メーカーのスタンダードエアコンの場合は、ドレンパンを分解してから内部洗浄を行うこともあります。

※ドレンパンの分解は、エアコンの設置条件や汚れ具合などを考慮の上、担当者が現場で判断しています。お客様のご要望によってドレンパンを分解することはありませんので、予めご了承ください。

それでは、ダイキンのスタンダードタイプのエアコンから内部洗浄を始めましょう。

ダイキンルームエアコン(ドレンパン分解なし)

▼ドレンパンを分解しない洗浄例

エアコンクリーニング-東五反田-ドレンパンを分解しない洗浄例

ストリーマ搭載ではありませんが、このエアコンには隙間を埋めるための無駄なパーツが付いていました。当店では、外せるパーツは全て取り外してから内部洗浄をしています。ご覧のように、無意味なパーツやリモコン受光部基盤などもしっかりと分解してから、エアコンの内部洗浄をしました。

しっかりとメイン基盤やファンモーター部を養生したら、ドレンパン内部にカビ取り洗剤をたっぷりと噴霧します。その後は、冷媒パイプ部を養生してからマスカーテープで再養生。エアコンクリーニングが原因でエアコンが故障しないように、養生作業には万全を期します。ここまでしっかりと養生してしまえば、故障のリスクはありません。大量の洗剤と洗浄水で、内部をバシャバシャと丸洗い洗浄することが可能となります。

背面パネル・吹き出し口周辺(ドレンパン裏・ファン裏)にもカビ取り洗剤を噴霧したら、ドレンパン内部にもう一度カビ取り洗剤を追い噴霧。その後は、エアコン全体の細部に到るまで、メイン洗剤をたっぷりと噴霧・重ね噴きしていきます。

※メイン洗剤には、次亜塩素酸ナトリウムも追加配合していますので、エアコン内部の隅々やドレンパンの奥までも、殺菌洗浄可能となります。

洗剤成分がしっかりと浸透・作用してきたら、大量の洗浄水(お湯)を使用して、洗剤成分と浮いてきた汚れを徹底的に落としていきます。大量に噴射した洗浄水(お湯)は、室内のバケツに残るだけではありません。エアコン内部の汚れ・洗剤成分とともに、室外にも排水されているのです。

▼洗浄後の汚水|ドレンパン分解なし

エアコンクリーニング-東五反田-洗浄後の汚水|ドレンパンを分解なし

そして、エアコン上部から漏れた汚れとエアコン下部の汚れが、室内のバケツには残りました。バケツ内には8ℓ位の汚水しか残っていませんが、この3倍以上の汚水もドレンパン・ドレンホースを通って、室外に大量に排水されています。

当店では、エアコンを徹底洗浄するために、洗浄力の強い洗剤も積極的に使用しています。しかし洗浄力の強い洗剤は、エアコン内部のアルミフィンを痛めることも・・・。アルミフィンの腐食を防ぐためには、しっかりと洗剤成分をすすぐことが必須です。ただ、この徹底したすすぎ作業は経験やスキルがないとできません。エアコンが故障しないように、基盤部などを徹底養生することができなければ、徹底した洗浄・すすぎ作業はできないのです。

次は、三菱のスタンダードタイプのエアコンです。

三菱ルームエアコン(ドレンパン分解あり)

▼ドレンパンを分解した洗浄例

エアコンクリーニング-東五反田-ドレンパンを分解した洗浄例

両者の違いは、簡単に言えばドレンパンを「分解する」or「分解しない」だけ。当店のエアコンクリーニングは二人作業のため、分解したドレンパンは女性スタッフがお風呂場で洗浄をしています。パーツ洗浄の負担は増えますが、エアコン内部洗浄の負担が増えることはありません。

ご覧のように、ドレンパンがないことでクロスフローファンの露出度がアップしますよね。ファンを回すのも楽になり、広範囲で洗浄できるため作業時間の短縮・洗剤の使用量も軽減できるのです。

同じように洗浄水の量も軽減することが可能。ドレンパンがついた状態での洗浄では、熱交換器のアルミフィンの汚れはドレンパンに溜まってしまいます。クロスフローファンの汚れの一部も、ドレンパンには溜まってしまうことも・・・。高圧洗浄でファンのゴミが吹き飛んだり、回転するためゴミが巻き上がったりするのです。この溜まった汚れは、自然に全てが流れでることはありません。

熱交換器・クロスフローファンを洗浄水で重ね噴射する毎に、何度も交互にドレンパンにも直接噴射して洗浄しなくてはいけません。この徹底したすすぎ作業には、大量の洗浄水が必要。しかし、ドレンパンがなければその煩わしさはありません。ダイレクトに汚れが落ちてくるため、作業時間・洗浄水とも短縮ができるのです。

▼洗浄後の汚水|ドレンパンを分解あり

エアコンクリーニング-東五反田-洗浄後の汚水|ドレンパンを分解あり「

上記の画像が、このエアコンの汚水です。ドレンホースに直接流した以外の、全ての洗剤・洗浄水がこのバケツ内に収まっています。一見するとこちらのエアコンの方が汚れているように感じますが、それは正しくありません。汚れ具合でいうと、同等もしくは、ダイキンエアコンの方が汚れていました。室内に残るバケツの汚水量と、エアコンの実際の汚れ具合は決して比例しません。このエアコンに使用した洗浄水は20ℓですが、ダイキンエアコンには30ℓ位の洗浄水を使用しているのです。ドレンパンを分解していますが、こちらのエアコン洗浄の方が作業時間は短縮。しかも洗剤の使用量も軽減できているため、コストも削減できたのです。

ドレンパン分解は必要?

重複してしまいますが、当店では作業効率を考慮してドレンパンの分解を判断しています。今回のケースでは、ドレンパンを分解することが当店のメリットになりました。当然ではありますが、ドレンパンの分解作業に追加料金をいただくこともありません。

ドレンパンの分解をしないと「汚れや臭いがとれない」と謳っている業者も見受けられますが、果たして本当なのでしょうか? ドレンパン内が軽度に汚れているくらいなら、その汚れが原因でエアコンが悪臭を放つことはないと、当店では考えています。そもそもドレンパン内には、お部屋の浮遊物を含んだ結露水が溜まります。冷房メインの夏のシーズン中は、ドレンパンから水分が乾くことはないでしょう。塩素を含んでいる水道水でも、1〜2週間も放置していれば腐ってしまいます。ドレンパン内に溜まった雑菌を含んだ結露水なら、数日で腐ってしまうでしょうね。しかし、新品のエアコンが直ぐに臭うことはありませんよね。ある程度の汚れであれば、ドレンパンの汚れはエアコンの悪臭の原因にはならないのです。

しかし、ドレンパン内にスライム状に汚れが溜まっていれば話は別。水漏れなどの原因にもなりますが、ドレンパン内部で厚みを持って腐臭しているため、クロスフローファンが嫌な臭いを巻き込むことで悪臭の原因にもなるのです。長年エアコンクリーニングをしないことでも起こりますが、下手なエアコンクリーニングがきっかけになることも・・・。

「エアコンクリーニングをしたのに、臭いがきつくなる?」そんな不思議なことが、この業界では普通に起こっています。それはエアコンクリーニング業者の洗浄不足が原因。スキルの低い業者が、気づかずにドレンパン内部に汚れや洗剤成分を残してしまうのです。見えるファンの掃除しかしない簡易清掃業者に多くある失敗ですが、問題は当人が全く気づいていないこと。ファンに付着していた汚れを気持ちよく吹き飛ばして、ドレンパン内部やアルミフィン裏に貼りつけてしまうので、ドレンパンの分解が必要だと唱えているのです。そもそも、しっかりと洗浄する方法があるのに、その方法をオプション設定していることにも理解ができません。オプション料金を払わない客のエアコンは、汚れていても構わない!というスタンスなのでしょうか?

しっかりと洗浄をしていれば、そのような事故は絶対に起こりません。ドレンパンを分解しないで洗浄するより、分解して洗浄した方がいいのは間違いありません。しかし、しっかりとエアコン内部の洗浄をしていれば、その必然性はありません。そもそもドレンパン内部は、すぐに汚れてしまいますので・・・。


ダイキンお掃除機能付きエアコン

(訪問日:2019年12月24日)

本日は、品川区旗の台でエアコンクリーニングをしてきました。一戸建ての住居には、ダイキンのお掃除機能付きエアコンが4台設置されています。今回は汚れが気になる2台のエアコンクリーニングをご依頼いただきました。車は家の前の私道に停められたので、荷物の移動が楽で助かります。

エアコンクリーニング(徹底洗浄)|ダイキンルームエアコン|F22TTFXS-W/F40TTFXP-W|2016年製

お客様のお話では、知り合いの電気屋さんにエアコンの設置を依頼したとのこと。色々と設備全般に詳しい奥様は、エアコンクリーニングにも興味津々です。当初はメーカーに依頼しようと考えていたそうですが、お掃除機能付きエアコンの完全分解料金は1台4万円以上したため断念。当店にエアコンクリーニングを依頼されたとのこと。まずは、臭いが気になっている3階寝室のエアコンから洗浄を行いました。

簡単に分解できるエアコン

このお掃除機能付きエアコンは、ユニットの分解が本当に簡単ですね。ダイキンのエアコンには、熱交換器前にストリーマユニットが付いているタイプものもありますが、そのスタンダードタイプのエアコンと比較しても、分解難易度には大差ありません。

※当店では、スタンダードエアコンのストリーマユニットも分解してから内部洗浄をしています。

ただ、このエアコンの洗浄シーン(画像)はありません。失礼いたしました・・・エアコンの分解から洗浄・乾燥・組み立てまで、終始奥様と楽しく会話をさせていただいたため、写真を撮るのを忘れてしまいました・・・が、エアコンは徹底洗浄していますのでご安心ください。それでは、リビング設置のエアコンに移動しましょう。

▼リビングのエアコン

エアコンクリーニング-旗の台-リビングのエアコン

こちらが2階リビング設置のエアコンです。定期的にフィルター・ダストボックスの掃除は行っているので、キッチン隣接の割には汚れていないですね。右端にあるグレーの長方形BOXが、このエアコンのストリーマユニット。コネクタやネジもついていないので、道具なしでも簡単に取り外しができるように進化しています。これなら自分でもストリーマの掃除ができますね。

▼分解後のエアコン

エアコンクリーニング-旗の台-分解後のエアコン

お掃除ユニットを分解した後のエアコンです。熱交換器のアルミフィンにホコリの付着は見られますが、それほど汚れてはいませんね。この程度の汚れなら、内部洗浄にも時間が掛からないでしょう。

▼吹き出し口|洗浄前・後

エアコンクリーニング-旗の台-吹き出し口|洗浄前・後

吹き出し口の汚れもご覧の通り、それほど汚れは確認できませんね。使用期間は3年位ですがキッチン隣接ですので、カビ取り剤を使用して殺菌洗浄をしました。ただ洗浄を始めると、汚れがソコソコ落ちてきます。奥様にお話では、ルーバーなどを外して中を掃除しているとのこと。だから見た目はキレイだったのですね。汚れの原因は、クロスフローファン羽の奥などの簡単には掃除ができない箇所のようです。

▼洗浄後の乾燥作業

エアコンクリーニング-旗の台-洗浄後の乾燥作業

エアコン内部の徹底洗浄が終わったら、お掃除ユニットを組み立ててから乾燥作業。運転↔吹き出し口の拭き取りを繰り返し、水滴がなくなったらカバーの組み立てを行います。

これは、エアコンクーニングあるあるの話ですが・・・この拭き取り作業中に、タオルを汚している業者がいます。その原因は、内部の洗浄がしっかりできていないため。そんな業者に洗浄をされたエアコンは、見えないところは確実に汚れたままです。しかし当店の徹底洗浄なら、そのようなことは起こりません。適正な洗剤を使用して、エアコン内部を徹底洗浄していますので、見えるところは勿論、見えないところもキレイに殺菌洗浄されているのです。

▼洗浄後の汚水

エアコンクリーニング-旗の台-洗浄後の汚水

上記の画像が、今回のエアコンクーニングで室内に残った汚水です。この3倍以上の洗浄水(お湯)が、エアコン上部の汚れや洗剤成分と一緒に室外に排水されています。結果論ではありますが、今回の2台のエアコンは見た目よりも内部は汚れていました。キレイ好きな奥様が、掃除屋のようにエアコンの吹き出し口など拭き取っていたからですね。

今回のようなケースで、見た目だけで判断して「エコ洗剤」で洗浄を行っていたら、汚水の色は全然違ってきます。それはエアコンが汚れていないのではなく、その汚れを「エコ洗剤」の洗浄力では落とせていなかっということ。せっかくプロにお金を払って依頼しているのに、それでは全く意味がないですよね。適正な洗剤を使用して、エアコン内部は徹底洗浄してもらいましょう。

今回の作業時間は2台で3時間30分位でした。分解が楽だと作業時間も短縮できますね。

「おそうじ日記」記事一覧

2022年|☞2021年|☞2020年|☞2019年

ハウスクリーニング|サービス一覧

キッチンクリーニング レンジフードクリーニング お風呂クリーニング
洗面所クリーニング トイレクリーニング 水回りセットプラン
エアコンクリーニング 洗濯機クリーニング 空室清掃

ハウスクリーニング営業エリア

<東京23区>

中央区/港区/千代田区/新宿区/文京区/台東区/墨田区/江東区/品川区/目黒区/大田区世田谷区/渋谷区/中野区杉並区/豊島区/北区/荒川区/板橋区練馬区足立区葛飾区/江戸川区

※赤字のエリアは、「エアコンクリーニング(分解・高圧洗浄)、ハウスクリーニング」の繁忙期(5〜8月・11・12月など)は、営業エリア外とさせていただく場合があります。(2018年より、通年の営業エリア内に変更いたしました。)

※営業エリア(東京23区)外でも、サービス内容や出張料金にてお伺い可能な場合もありますので、お気軽に相談ください。

訪問時の駐車スペースのお願い

「ハウスクリーニング」サービスには、お客様のお宅に車でお伺いします。お手数ですが、駐車スペース確保のご協力をお願いいたします。
また駐車スペースがない場合は、付近の有料パーキングを利用させて頂きます。その際は、駐車代金として実費分をお客様負担でお願いいたします。

※緊急車両の通行妨害や駐車違反となる路上駐車はできません。

inserted by FC2 system