エアコンクリーニング(分解 高圧洗浄)、エアコン掃除/ よくあるご質問【Q.抗菌コートって必要なの?】part.2

エアコン・ハウスクリーニングなら、ニオイもヨゴレもおまかせ!
03-5534-8213maiil受付時間受付補足
エアコンクリーニングについて

抗菌コートって必要なの?

抗菌コートとは

簡単にご説明しますとエアコン内部を洗浄後に、カビ抑制を目的とした特殊な液状のコーティング剤を、エアコン内部の熱交換器(アルミフィン)や吹き出し口(シロッコファン)の表面に噴霧、又は塗布してから乾燥させることで、カビを抑制するコーティング剤のことです。

マニュアル通りの作業内容としましては、内部を除菌洗浄後、送風や暖房運転などで水気を飛ばしてしっかりと乾燥(約60分〜)させます。

※洗浄後のドレンパンは、しっかりと乾燥させるのには大変です。

エアコン内部が完全に乾燥したら、熱交換器(アルミフィン)や吹き出し口(シロッコファン)へ、菌を抑制する成分が配合された薬品や、「ポリマー成分」が配合された、特殊なコーティング剤を噴霧、又は塗布します。

コーティング剤の乾燥のため、送風や暖房運転で乾燥(約60分〜・通常乾燥で12時間〜)させて終了です。しっかりとコーティング剤を定着させるには、これだけの時間がかかってしまいます。

※クリーニング作業後の乾燥時間が必須なため、コーティング後の乾燥は、お客様任せにしたとしても、最低でも追加作業時間が60分〜+α(コーティング時間)かかってしまいますが、ここまでしっかりと時間をかけて作業をする業者を私は知りませんし、聞いたこともありません。

※仮に、上記の方法(メーカー推奨)で作業をすると、エアコンクリーニングよりも作業時間(乾燥時間のため)はかかります。価格設定は作業時間を考慮するので、当然エアコンクリーニング代よりも高くなるはずですが、そのような価格設定の業者も知りませんし、聞いたこともありません。

サービスを提供している業者が一番わかっていることだとは思いますが、しっかりと乾燥をしない(時間短縮のため)状態からのコーティング作業ですので、当然薬剤に記載されている効果期間(?)は大幅に短縮されてしまいます。

※作業後は、コーティング剤を定着させるために、その日はエアコンが使えなくなるはずですが、そのような説明をする業者も恐らくいないと思います。

また、丁寧な内部清掃ができていないと、汚れの上にコーティング剤を上塗り・・・ということになってしまいますが、通常の壁掛けスタンダードでのエアコン洗浄では、本体内部の裏側(壁側)やドレンパンの奥・ホースの中、基盤周辺などの掃除は不可能となります。同様に抗菌コートの噴霧、又は塗布もできないことになります。抗菌コートの効果を十分に高めるには、本体を壁から取り外す完全分解での洗浄後、抗菌コート加工をするのベストということになるでしょう。

抗菌コートは効果があるの?

“抗菌”という言葉を聞くと、「カビに効果がありそう!」と思ってしまいますが、“抗菌”とは本来、細菌などの増殖を抑えるという意味です。

●抗菌コート剤=防カビ剤ではありません。菌を抑制する効果はありますが、厚さをもって繁殖するカビの胞子には無意味と言えるかも知れません。また空気を循環させるエアコンに、防カビ加工をするのは、健康面を考慮するとお勧めできません。

外気温との変化や梅雨時の湿気、冷房・除湿運転による結露で、熱交換器(アルミフィン)や吹き出し口(シロッコファン)に水滴がつきやすい環境下にあるエアコンに、本当に抗菌効果が続くのでしょうか?

先に説明したように抗菌コート剤は元々液体です。その液体を乾燥させることで固体にし、熱交換器(アルミフィン)や吹き出し口(シロッコファン)に定着させているのです。
当然水分には弱いため、結露や水分がつくことでコート剤が剥がれ落ちたり、溶け落ちやすくなります。落ちてしまったコート剤は、排水用のドレンパンに溜まってしまいます。

<カビ(クロカビ)の発育条件は>

●床、壁、対象物の表面に存在する水分、結露などの表面湿度が高い部分

●機密性が高く風通り良くない場所

●最適発育温度は20~28℃、発育可能温度は0~32℃

※以上、参考文献「日刊工業新聞社おもしろサイエンスカビの科学」著者: 李憲俊氏の書籍より一部内容を抽出

エアコンに発生しやすいクロカビは、湿度の高い日や結露がつきやすい環境で、機密性が高い20~28℃の環境下が、最適な発育条件といえます。
また、カビはホコリや食品だけではなく、植物、動物、有機物など様々なものを媒介して、栄養分を吸収し繁殖していきます。
抗菌コート剤も有機化合物ですので、垂れた残りはカビの格好のエサに成り得るのです。

最初にご説明したように、エアコン内部の吹き出し口・シロッコファンなどのプラスチック類や、熱交換器(アルミフィン)に、黒カビが直接定着することはありません。
エアコン内部に定着したホコリに、黒カビの胞子が定着し、カビの生育に適度な温度・湿度のもと増殖していくのです。

上記の環境を、定期的なお掃除や乾燥・換気などの自助努力で、改善させていくことは可能ですが、お部屋中のホコリやカビの胞子をなくすことは、残念ながら不可能です。

結局のところ・・・協会や本部から指導されているから?、やらないよりは、抗菌コートをした方がいい?・・・きっといい?・・・多分いい?・・・恐らくいいはず?・・・詳しく説明はできないだけど・・・だって抗菌だから・・・薬剤の容器に効果期間が半年〜1年と書いてあるから(当然、効果期間は環境により異なる旨の言い訳用の記載あり)・・・。こんな感じだと思います。

しっかりと効果を理論だてて、化学的根拠をもとに説明できる業者さんはいません。「抗菌コート」という耳あたりのいい名称で、単価を上げるためのオプションツールということが本当の答えと言えるでしょう。

それでもまだ、オプション料金を追加してまで、抗菌コートを頼みたいと思いますか?

※全ての抗菌コートに意味がないわけてはなく、有効な箇所(床・壁など)も、多々あります。

以上、他社さまHPの内容を抜粋・要約・アレンジさせていただきました。

<エアコンクリーニングの詳細はこちらから>


  1. 室外機の掃除って必要なの?
  2. お掃除機能付きエアコンとは?
  3. 市販のスプレーは効果あるの?
  4. エコ洗剤とは?
  5. エアコンのお手入れの方法は?
  6. エアコン掃除のタイミング・頻度は?
お問い合わせ、お申し込みについて
  1. お問い合わせ・お申し込みはどうすればいいの?
  2. 作業日時の指定はできるの?
  3. 営業エリアはどこまで?
料金・お支払い方法について
  1. どうして安くできるの?
  2. 料金の支払い方法は?
  3. クレジットカードは使用できるの?
  4. 消費税はどうなってるの?
  5. 追加料金は発生するの?
  6. 駐車スペースがないのですが?
作業内容について
  1. 作業時間はどれくらいかかるの?
  2. どんなスタッフがくるの?
  3. 作業当日は、立会いが必要なの?
  4. エアコンが古いけど大丈夫?
  5. エアコンが水漏れするのは改善する?
  6. 冷暖房の効きが悪いのは改善する?
  7. どんな洗剤を使用するの?
  8. どんな道具を持ち込むの?
  9. 高圧洗浄とは?
  10. 作業音はどうなの?
  11. スチームクリーナーとの違いは?
  12. 部屋は汚れたりしない?
  13. カバーなどのパーツはどこで洗うの?
  14. エアコンの下にベットがあるけど大丈夫?
  15. 用意・準備しておくことは?
  16. 作業できないエアコンはあるの?
  17. 作業中にエアコンが壊れたらどうなるの?
  18. エアコンの臭いはとれるの?
前のページよくある質問トップページ
エアコンクリーニングのお問い合わせは

「あなたの街のお掃除屋さん」いわさきクリーニング

tel. 03-5534-8213

mail. info@iwa-cle.jp

受付時間:8:00~20:00

※電話受付は、日曜・祝日を除く。
※メール受付は随時承ります。

東京23区で、プロのエアコンクリーニング(分解・高圧洗浄)、エアコン掃除業者をお探しなら、お気軽に問い合わせください。

当店の口コミは、下記をクリック!
エアコンクリーニング口コミ
別サイトの口コミはこちらから! <01> <02><03>

当店への口コミを書いて頂けるお客様は、お手数ですがGoogleアカウントを取得後、ログインして「Google のクチコミ」経由でお願いします。

3つの安心・ハウスクリーニング
安心のペア(男・女)訪問
料金は、格安・明瞭会計
賠償責任保険加入店
エアコンクリーニング(分解・高圧洗浄)格安
エアコンクリーニング(分解・高圧洗浄)お友達紹介キャンペーン
最低価格補償
ハウスクリーニング事例
ハウスクリーニングお問い合わせ

tel. 03-5534-8213
mail. info@iwa-cle.jp
受付時間:8:00~20:00

※電話受付は、日曜・祝日を除く。
※メール受付は随時承ります。

ハウスクリーニングサービス一覧
当店の営業エリア
ハウスクリーニング営業エリア図

東京23区(中央区・港区・千代田区・江東区・墨田区...)など。

エアコンクリーニング口コミ
別サイトの口コミはこちらから!
<01> <02><03>
※別サイトに移動します。

予約・質問などは、本サイトから(電話 or mail)お願いいたします。

inserted by FC2 system